つれづれ日記

留学から日本に帰ってきました。これからは、日々思うことを日記に付けていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

つらつら

どんなことだっていいだ。
どんなことだって、自分なんだと思う。
だから、どんなことをするかが大切で、
そしてそれ以前に、どうなりたいか、どうしたいかがもっと重要になってくる。

でも、そう考えるとどんなことだっていいって言えなくなるような気がする。

自分が何をしたいのか、
自分がどうありたいのか、
どなんことだっていいなんて言えなくなるんだよな。
だって自分のことだもん。
なんでも良いわけが無いじゃん(笑)

まぁ、、あれだな。ようは、気付いたら自分になってるってことだ。
だから、とりあえずやってみることも必要なんだろうな。
なんでもいいから。

何をしたいのか
どうありたいのか分からないから、
色んなものをやってみるんだろうな。
その時はなんだっていいんだ。



スポンサーサイト
留学日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

つらつら

変らない毎日に嫌気がさすっていうけど
そういえば、同じ日は無いって誰かが言ってた。

「変らない」と「同じ」の違い

変らない毎日に不安になることがあったりするけど
変らないことに安心することの方が多い気がする。
むしろ変らないでいることの方が難しいのかもしれない。

変らない「不幸」と、変らない「奇跡」
留学日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ターキー食いすぎじゃね

いやぁ、クリスマスでしたね。
まだこっちはクリスマスですけど。

こっちは新年よりクリスマスのほうが一大イベントだから、まだまだ外はクリスマスの飾りで彩られているわけです

そして、クリスマスといえばturky!!
Thanks Givingdayから一ヶ月と経たないうちに、パーティー好きの彼らはまたしてもTurkyなわけです。

Turky食いすぎじゃね?(笑)

日本人で言えばおせち食いすぎじゃね?ってことに近いのかな?

イギリスの伝統的なTurkyの食べ方といえば、無くなるまで毎日Turky、Turky。
日本も、おせちが無くなるまで、毎日おせち、おせち。

同じといえば同じなんだろうけど、肉だから。草食人種としては消化不良に。。美味しいけどね☆

私の住んでいる寮のWardenがクリスマスのパーティーを開いてくれたんです!!
寮に残っている人たちで集まって、わいわい楽しくクリスマスを過しました。
新しい友達もできたし、あとシンガポール式(?)麻雀で遊びました(笑)
テストのことなんて忘れてしまいそうだよ。危険きけん。

クリスマスの日は、普通に
次の日も普通に
その次の日はスープに
そして今日はカレーに

25日~28日まで毎日Turkyな日々を過しております。
今日は、残念ながら体調が優れない私は欠席させていただきましたが、なにやらバナナとパイナップルのカレーとかなんとか。気になったけど、断念。美味しかったのかな?友達に聞いてみよ。

明日は流石にないだろうな。
No more Turky


PS
Turkyって日本語で書くと七面鳥だけど、七面ってどういうことなんだろう。七つの顔を持つ鳥ってことなのかな?
留学日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

13 Dec 2008 Paris

13th Dec 2008 in Paris

パリに行ってはじめに感じたのは、人の表情がFriendlyじゃないということ。みんな、どっかきつきつしてて、道を聞きたくても聞きにくい感じ。
まぁ、旅行最初の英語圏外の国ってこともあって、聞きにくかったのはあっただろうけど。
聞いたとしても、どこか喧嘩ごし。
知り合いのフランス人は、とっても優しい響きの英語を話してくれるのに、いざフランスに来たらそんな人にはほとんど会えない。

CDGでの出来事
・アメリカンエキスプレスの窓口で、トラベラーズチェックを現金に換えようとしたところ、ずっと作業してる一度同士で話したまま、一回も目をあわさず対応された。ホント、一回も。ずっとしゃべってたよあのお姉さんは。逆にこれがフランスなのかと感動するくらいだった。

Garedu Nord駅での出来事
・インフォメンションセンターに行こうと思って、表示にしたがっていったら、そこには何も無かったり。(結局たどり着いたのは地上出口。あれはいったいなんだったんだ?)
・切符を買おうと思って、ticketのマークにしたがって行くと、売る場所はあるけど人がいなかったり。(ランチの時間だったから多分みんな昼食に行っていたのかも。。ってシフトちゃんと組めよ(笑))
・乗り場が超分かりずらかったり(大きかったからだと思うけど。)
・チケット売り場の対応が悪かったり。(でも、言葉をきついけど色々相談にのってくれて、結果としてはいい人だったんだと思う。)

↓Garedu Nord
IMG_0623_convert_20081226075507.jpg

ホテルでの出来事
・チェックインに1時間も待たされたり。(予約したのに、部屋が無かった人がいたらしく、その人とチェックイン対応の人がずっと口論してた。早くしてくれぇ。友達が「遅すぎるんだけど」と小言をいっても、口論をそのまま続けていました。もうそっちいいから、こっちのチェックインを先にしてくれ(笑))
・シャワー室の電気が点かなかったり。(9時過ぎると使えなくなるらしい。でも最終日の同じホテルを使ったけど、その時は0時過ぎでも使えた。どうして?どっちなんだよ(笑))
・コンセント無い部屋(安いところだったからだろうけど、徹底しすぎ(笑))
IMG_0786_convert_20081226075836.jpg

ベルサイユ宮殿での出来事
・音声ガイダンス機器を借りるとき、明らかに担当者が4人くらいいるのに、実際対応してるは1or2人。ちゃんと仕事してください。(もう、6時近くて見てる見に来る人も少なかったからだろうけど。)
・ベルサイユ宮殿の美しさを壊す展示がなされていた。(写真載せます。ほんとに笑える。)
IMG_0680_convert_20081226074108.jpg

IMG_0700_convert_20081226074204.jpg

IMG_0742_convert_20081226074228.jpg

ベルサイユ宮殿近くの駅での出来事
・どうしようかきょろきょろしていると、親切に英語で話しかけてくれる人がいた。フランスでこんな親切されると逆に恐いと思ってしまった(笑)。神に見えるよ。言い過ぎか。

エッフェル塔での出来事
・めちゃくちゃ沢山の行商人。旅行客に光るエッフェル塔のオブジェや、クリスマスのかざりみたいなやつとか、バラとか、あとサンタの帽子とか売りつけようとする。みんな、ほとんど黒人さん。(黒人さんといえば、Parisではほんとに沢山の黒人さんを見かけた。今回行った国の中でも一番に多いと思う。)
IMG_0777_convert_20081226075207.jpg


レストランを探したときの出来事
・イタリア料理がめちゃくちゃおおい。(フランス料理が食べたかったのに、見つからない。。結局ケバブを食べた。イタリアには行くから避けた結果がケバブ・・まぁ、レストランを11時近くに探すって言うのが間違ってたんだろうケド。)
・フランス料理はやっぱり高い。
・店が閉まるのが早い。これはヨーロッパ共通なのかな。
IMG_0782_convert_20081226074703.jpg


街並み
・道はそんなにきれいじゃない。
・壁の落書きが半端ない。日本のなんか可愛いもんだなと思う。電車にも落書き、地下鉄の壁にも落書き(電車が走らないときを見計らって、わざわざこんなくらいところに書いてるのかと思うと、頑張って
るなという印象。)、ポストにも、電車の中にも落書き。本当に多い。そしてそのまま。
↓これらのトラックは意図的だろうけど。
IMG_0784_convert_20081226075800.jpg

IMG_0785_convert_20081226075741.jpg

↓電車のなか
IMG_0634_convert_20081226074330.jpg


フランスで撮った写真一部
<日本みたい>
IMG_0621_convert_20081226075509.jpg

<Bastile>
IMG_0629_convert_20081224161136.jpg

<便利?>
IMG_0633_convert_20081226083838.jpg

<ベルサイユ宮殿に向かう道>
IMG_0635_convert_20081224161429.jpg

<ベルサイユ宮殿>
IMG_0638_convert_20081226082745.jpg


<ベルサイユ宮殿、鏡の間>
IMG_0714_convert_20081226075149.jpg

<ベルサイユ宮殿からの帰り道>
IMG_0756_convert_20081226075254.jpg

<川>
IMG_0759_convert_20081226075239.jpg

<エッフェル塔>
IMG_0760_convert_20081226074732.jpg

<エッフェル塔の中身>
IMG_0763_convert_20081226082513.jpg

<ホテルの近くの街並>
IMG_0781_convert_20081226082542.jpg

<Gare du Est>
IMG_0788_convert_20081226082959.jpg

Paris | コメント:4 | トラックバック:0 |

めんどくさい


はしゃいで、時系列で書いてみたけど、めんどくさいことに気付いた。
ということで、これ以降は日記調に軌道修正。面舵いっぱい。
しかも、また日を改めさせてください。



今書きたいのは、mixi巡りについて。久しぶりにmixi巡りをやって、最近のみんなの日記を読んだ。
いいね。やっぱり。私は、自分より他人の人生の方が興味あるんだなと。
まぁ、自分のをいかに楽しくしようと思って頑張っても、他人の庭は青く見えるんですよね。
なんでだろ。足りないな。全然足りない。

MUSEのクリスマスライブ。今年はどんなんだったのかな。
人数も増えて、まとめるの大変だったろうに。
飲み会は月光だったみたいですね。はなればなれ
OBOGの方も沢山来ていたみたいで、羨ましい限りです。

こっちは、もうクリスマスで、昨日スーパーに行ったら混んでるは混んでるは。
みんなクリスマスの準備に忙しいみたい。
売ってるピザの量が半端ない。もうね、棚いっぱいにピザなんですよ。しかも種類が豊富。
美味しいそう・・・
買おうかなと思ったけど、イタリアより美味しいと思ってしまいそうでなんだか買えずじまい。
というか、ピザで美味いも不味いもあるのかと。
ラーメンの美味いも不味いも分からない私に、ピザの良し悪しを語られたくないでしょうが。

旅行から帰ってきて、今なんだかふわふわふわふわ。
こんなんじゃ、年明けのテストが不安ですね。というか、何もかけないでしょうね。
それだけは確信できます。
ただひたすら座って、時間が終わるのを待っている自分の姿が、手にとるように分かります。
ああ、まぁやるしかないか。
やらないで悩むより、やって後悔したほうがまだまし。
十分遊んだから、もうクリスマスも正月も正直いらない。
そう思えることは、本当に幸せなんだろうな。
謙虚さは、自分の幸せを認識するところから生まれるのかな。あ、脱線。また良く分からないことを言ってしまった。

今の楽しみは、CDのセールくらいなもんで。わくわく。
恐いな、ほんと恐いな。
ホラーより恐いな。
切実。



Merry Christmas!!!



留学日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

Paris 13th~14th Dec 2008

12月13日(日曜日)天気・・・雨
Bristol
3.30 起床
4.45 バスセンターに向けて出発
5.15 空港までのバス出発
5.50 空港到着
8.00 departure 
    雨のためか、飛行機が上手く飛べないらしく、約一時間遅れて出発。
    もともとは7.15の予定だったが、結果8時頃の出発となった。

Paris
10.00 arrival CDG 2B
RER Line B
|  RERはEurail Passが使えるので、早速利用することに。

Paris Garedu Nord station
|  ここで、明日の切符(Paris - Frankfurt- Berlin)と、21日の切符(Milan - Paris)の予約
| をすることに。切符がどこで売られているのか分からない・・・ぐるぐる歩き回ること1時間。よう
| やく切符売り場を発見!!飛行機の遅れと、券売所探しで予定が大幅に崩れる。しかも、切
| 符を予約しようとするも、お目当てのものはすでに満席。ParisからBerlinまでの切符は別
| ルートでなんとかとれたが、21日の切符はEurail Passを使わずに一般料金で購入するか、
| 日を改めるかの二択だった。もう、既にホテルの予約をしていること、そして、最終日をParis
| で楽しむために、一般購入を選択。Eurail Passが使えれば、€7くらいだったところを、€80
| で購入。しょっぱなから痛い出費。

 Metro Line 5
Bastileプラダを着た魔女にも出てくる、塔がある。ここで携帯を投げたのか。うんうん。


Hostel
|  この時点で、すでに3時。本来の予定ではお昼くらいに到着するはずだった。荷物をホテル
| に預け、17:30に閉館するベルサイユ宮殿に向けて出発!!

(St. Michel Notredame駅に向かうが、いっこうに見つからない。雨と風が強い中、セーヌ川の脇を歩く。寒すぎる。そして見つからない。歩き回って、目についた駅(Quai de la Rapee)に雨宿りがてら駆け込む。路線図を確認すると、ベルサイユ宮殿最寄の駅まで行く列車が、今いる駅から近いことが分かった。セーヌ川を渡ってすぐ、今いる駅からも見える位置にその駅はあった。こうなったら歩くしかない。もう一度、雨と風の中に飛び込む。

Gare d' Austerlitz
RER Line C
|  この時点で4.30過ぎ。駅から、ベルサイユ宮殿の最寄駅(Versailles-Rive Gauche)まで
| 約30分かかる。しかも、電車も30分に一本。一番近い時間で、4.50過ぎ。この時点で、宮
| 殿内に入ることを半分諦める。
Versailles-Rive Gauche

ベルサイユ宮殿
留学日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

I'm home.

ただいま!!
留学日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

4.30am

行ってきます。
easy jet | コメント:1 | トラックバック:0 |

11 Dec The end of the term

前期のタームが、12月11日(木)に終了しました!!
お疲れ様自分。
そして、ようこそ、Holiday
エキサイトしちゃいますね。

授業が終わったあと、一緒に行く友達とバックパックを購入
テンション上がります。
テンション上がったついでに、Johnny Depp のカレンダーを、カレンダーショップで購入。
ああ、カッコよすぎる。
こんなのがあったら、勉強に集中できないじゃない(笑)
でも、買いますけど。
店員さんにexportするのと言われ、ちょっと考えたけど、Noといいました。
欲しかった人ごめん!!

出発は13日の朝5時。早朝の5時。起きれるか心配。
まずは、私の住んでいるManor Hallから歩いて20分の、Bus Centreに。
Bus Centreから、Bristol Airportまで、Coachで30分
   <搭乗手続きを済ませて>
7.15 Bristol 発、Paris行きの飛行機に乗ります。
Parisには、現地時間の9.30に到着

そこから電車か、Coachに乗ってParis Lyon駅に。
まずは、宿泊先に移動して荷物を預け、
行き早々にベルサイユ宮殿Let's go!!
ベルサイユ宮殿のあとは、エッフェル塔を見て、
~1日目終了~
という感じです。


ああ、今思えば予約や、路線の確認で大変だったけど、始まってしまえばこっちのもんです。
こっちのもんというより、もう流れていくしかない。

旅行前の準備に費やした時間はおよそ25時間強

ネットで調べ、
本をあさり

路線の接続が上手くいかないことに困惑しては、
格安ホテルに乱舞して

トラベラーズチェック換金の手数料に泣いては、
バックパックに無料で鍵を付けてくれたおじさんに感謝する。



いやぁ、今思うと旅行の前から色々あったな。
もともとは、スペインとか、ギリシャとかも考えてたし、旅行費を抑えるために、飛行機ではなくフェリーを使おうとしていた。
ちなみにフェリーを使うと、BristolからParisまで行くのに、確か半日かかった気がする。
それが、飛行機を使えばトータルたったの4時間
いやぁ、飛行機ってすごいね。
しかもeasy-Jet、で格安航空券をかったから、往復で約£117!!!
日本円でおよそ17500円(£1=150円)
グローバルっていう言葉を使うことが、むしろナンセンスです。

日本でも近隣のアジア諸国に、これくらいの値段で行けたらなと思ってしまいます。
また、行けるんじゃないかと。
調べたら色々ありそうですよね。
アジア行きたいな。


留学日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

電柱

電柱
されど、電柱
ところ変れば、電柱も変る

Japanese Telegraph Pole
夕暮れ電柱

画像元 D70、F、hb、3&4。 ←綺麗だからおすすめ。

空にかかる五線譜(?それ以上あるとかは言いっこなしよ。)

Telegraph Pole in Bristol
IMG_0479_convert_20081211075115.jpg

中に収めてるのかな。
放射線



内容よりも、写真のできの違いに目がいってるあなた。
いいっこなしよ。

easy jet | コメント:4 | トラックバック:0 |

いただきます


こっちに来ても、私はご飯を食べる前にいただきますと言っています。


これが初めてではないけど、友達に「いただきます」の意味を聞かれた。
実際聞かれると、こういうのって説明が難しい。
It's mean to eat lives.言ってみたけど、これでいいんだろうか。
前に聞かれたときも、同じように言った。

お命頂戴いたします。

野菜にも言うの?といわれた。
同じように言う、と言った。

そう考えると、とっても不思議なことが起きる。Vegetarian、その中でも動物の命を食べるのが嫌だから、かわいそうだから食べないっていう人もいる。・。・
でも、野菜の命は、穀物の命はどうなんですか?
どうなるんですかね?

日本に居たときも、ちょっと考えたことがあったけど、難しい。

日本で菜食主義といったら、精進料理が思い浮かぶけど、これも結局野菜とか穀物を使ってるからな。
そもそも、精進料理って何なんですかね。他の血を体内に入れないということなんだろうか。
適当なこと言える内容じゃないので、ちゃんと調べてみようと思います。

いただきますの続き・・・
prayer(祈り)みたいなものと、その場所にいたイギリス人の子が代わりに(何でだ?(笑))答えてくれた。
その場で私は、「それに近い」といったけど、今思うとかなり違うのではないかと思う。

いただきますが仏教からきているのだとすれば、ますますおかしい。

だって、仏教って神様っていうより、精霊、生霊のイメージ。
ほら、民俗学の柳田国男がいってたじゃん。なつかしい。この考え方は、本当に仏教にしっくりくると思う。
万物に神が宿るっていう。多神教なわけですよ。森羅万象!!
だから、そもそも神に祈るっていうのが、ちょっと違う気がする。


クリスマスが近いからか、宗教の話が昨日もあった。
BISCという、留学生向けに開いているボランティア団体があるんです。
昨日は、そこでクリスマスカードを作るイベントがあったので、参加したときのこと。
その中で、宗教についての話になりました。。
隣に座っていた彼女は、熱心なキリスト教徒の方でした。
私も宗教の話を聞くのは嫌いではないので、彼女の話に耳を傾けていたんです。
「神と人間の間には大きな溝があって、それを超えるために、色んな慈善活動をすんだ」という、
とっても心温まる話をしてくれまた。
(※内容が違っているかもしれないので鵜呑みにしないでください。)
私はボランティアっていうのが、なかなかできない人なので、本当に尊敬します。

そして、「あなたの宗教は何?」という話に。
私は、「仏教だ」といいました。
「仏教について教えてくれ」といわれたので、
私は、「神は1人じゃなくて、色んなものに宿っているんだ」ということをいいました。
「例えばこの目の前のはさみにも。」
そしたら、笑われてしまいました。
ちょっと傷つきました。

でも、きっとそうですよね。神様がこんなちんけなはさみに居るなんていったら、笑って当然ですよね。
でも、こういう考えがあるからMOTTAINAIという言葉が生まれているんだと思うと、もっと違う言い方で伝えればよかったな。
自分の英語力のせいで、なんだ誤解が生まれてるのかと思うと、本当に申し訳ない。

でも、神を信じてる人に笑ってもらいたくなかったんです。
期待していたんですね。
宗教を信仰している人は、他人に優しくあってほしいという期待。
でも、やっぱり人間は人間。神ではないんですよね。
まぁ、これに関してはそこまで重い話ではないですが(笑)


その後も宗教の話、特に祈り方の話になりました。
彼女は、「神はmindとheartにいる」といいました。
私は『即身成仏と同じだな』と思いました。

どんな形であれ、人間が幸せを願っているのは変らないのだと思います。
そして、神はその象徴であって、ツールであって、そのものが目標ではないと思うんです。
宗教が違っても、ときどき同じ考えが出てくるのは、その表れではないかな。


ああ、ちゃんと伝えたいけど、この話をするには食事中のちょっとした会話の中でできるものじゃないよな。
腰を据えて、向き合って話したい内容。
そういえば、神道と仏教の違いもあいまい。
神道は加持祈祷、占いのイメージ。面白いな。もっと知りたい。

いただきますについては、分からないけど、う~ん、なんだか胸がムカムカ。いや、モヤモヤ(笑)


まぁようするに、皆が幸せになりますようにってことだな。
うんうん。




留学日記 | コメント:6 | トラックバック:0 |

これだけのために記事を書いてすいません

あ、12月だ。

え!?12月だ。


留学日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。