つれづれ日記

留学から日本に帰ってきました。これからは、日々思うことを日記に付けていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Japanese Society Welcom Party


10月31日(金)
この日は、Japanese SocietyWelcome Partyがありました。
Societyっていうのは、日本で言う部活動サークルです。
日本人同好会ってやつです。
私は、入って間もないのですが、もうすでにメンバーに混じって日本食(?)を作りました。
あくまでも日本食(?)です(笑)

>>> メニュー <<<<
・巻き寿司
・おにぎり
・焼そば


全部主食(’’;)
これを作って感じたのは、日本料理は再度メニューが豊富だってことです。
一汁三菜!!ほんとうはそうなんだろうけど。。。仕方ないよね。

このなかで、一番「これ出しちゃだめでしょ(^^;)」と思ったのは、おにぎり!!
ご飯が硬くて硬くて、食べれたもんじゃなかったと思います。(私は食べていないない)

そして、これにまつわるとっても面白い話があったんです。
それもお米、ご飯のお話です。

日本食にとって、欠くことのできないこのお米、ご飯ですが、国によって炊き方も変ってくるようですよ。

こっちの、炊飯器ってほとんどが中国の方が使われるので(人口が多いという意味で)、中国のお米を炊くように合わせて作られている、または、中国のものが売られているのだと思います。私は持っていないので分からないのですが、十中八九そうだと思います。

中国!!といったら、チャーハンですよね。
チャーハンといったら、お米がぽろぽろしていたほうが美味しくできる!!
日本のお米でやるときは、冷やご飯がいいとかいいますよね。

そう、ここに落とし穴があったんですよ。

中国や、韓国など、チャーハン文化の方は、お米を硬めに炊くそうなんです。
そのほうが美味しくできるわけですから、そうしますよね。
ああ、チャーハン食べたい。

でも、それはあくまで、チャーハンそして、日本のお米以外のお米に対して行っていることだったわけですよ。
日本のお米は、水分を沢山必要とします。
こっちの炊飯器で、日本のお米を炊くときは、メモリよりも少し水を多めにして炊くそうなんです。

今回、お米を担当してくれたのは、中国の方でして。はい。
いつもの要領で、お米を炊いたわけですよ。
つまり、硬めに。メモリよりも水を少なくしてです。

ほっほっほ。どうなったか分かりますよね。

めちゃくちゃ硬いご飯が、お米であった過去に未練を残しつつ生まれたわけですよ。(ーー;)

おにぎりが握れない。。。ぽろぽろ。
握れたとしても、時間が経つと乾燥して、ぽろぽろ。

さぁ、食べましょう!!というころには、ご飯ではなく、だったわけです。

ああ、出したくなかったな。出したけど、やっぱり残されてました。しょうがない。

文化って面白いね。
スポンサーサイト

留学日記 | コメント:11 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | HOME | だめだ。日記に書いて解消しよう>>

この記事のコメント

水分がないと米は握れない・・・
考えれば当然のコトなのにカルチャーショック!

海外の水で炊くと日本で炊いた米と同じ味には出来ないって聞いたことがあるんですが、どうなんでしょ(´ω`;)
2008-11-04 Tue 21:31 | URL | まつなみ [ 編集]
今うちには2キロ以上のチャーハンと2キロ以上のチキンライスがあります。
バイト先であまったご飯を全部調理したらこうなりました。
食べにきてください、マジで。
2008-11-05 Wed 01:18 | URL | お [ 編集]
カルチャーショックだよね。
水も関係しているみたいだよ。
でも、日本人の友達がたまに差し入れしてくれるご飯は、ちゃんと日本のご飯と同じ味がします。
ロンドンから宅配でお米を仕入れているという彼。イギリスに来て2年目?だったかな、その中でいかにお米をうまく炊くかのノウハウを習得したのだと思います。
今度聞いておくね!!
2008-11-05 Wed 04:37 | URL | 管理人 [ 編集]
食べたい!!本気で。
MUSEでパーティーだ!!
いいな。いいな。今ならご飯いくらでも食える気がする。

でも、その量をいったい何時間で。。。
腕痛くなりそうですよぉ。
2008-11-05 Wed 04:40 | URL | 管理人 [ 編集]
中国とか東南アジアでは、長粒種のお米を栽培していて、そもそも日本の米とは粘り気などが違います。
しかし、長粒種のお米を更に硬めに炊くとは。
次回は、チャーハンを作ってください(笑)
2008-11-05 Wed 09:01 | URL | じゃば [ 編集]
確かに分かりにくかったですね。み!改め、MUSER小川です(^_^;)

炊き方もさることながら、イギリスの米ってたぶんタイ米(インディカ米?)じゃないかな?あの細長くてパサパサしてるやつ。
それとも中国の人が食べるのは普通のお米なのかしら。。
2008-11-05 Wed 13:02 | URL | MIO feat.メーヴェ☆ [ 編集]
↓内容がかぶっちゃいました!すみません。

中国も長いお米なんですね。
2008-11-05 Wed 13:15 | URL | みお [ 編集]
久しぶり!!
普通のお店に売ってるのは細長いやつだね。私はあれはあれで好きなんだ☆こりこりしてて。

ちなみにパーティーで使ったのは、日本のお米です。どうやら、ロンドンから宅配できるらしい。すごいよね。
2008-11-05 Wed 14:14 | URL | 管理人 [ 編集]
お久しぶりです。
そうですね、スーパーなんかで売ってるやつは、ほんとぱさぱさしてて、日本の米を食べてきた私にとっては米って感じがしないですね。まったく別物。

今回のパーティーではわざわざ日本の米を取り寄せて使ったんですよ。すごいですよね。
でも、その甲斐もむなしく。。。
2008-11-05 Wed 14:16 | URL | 管理人 [ 編集]
チャーハンと言えば、今回の悪阻が酷くて、チャーハン以外、何も食べたくない。毎日3食チャーハンを食べている。旦那が毎晩4合のご飯を炊いて(うちは象印の炊飯器を日本から持参した)、チャーハンにしてくれている。最初は
冷たいご飯をほぐす為、なんと水も入れたが、最近はちょっと上手になって来たが、いつも炒め過ぎで、ぼろぼろしない。
まだまだ修練が足らないなぁ。

因みに、お米はjapanese sushi rice を使いましたか?友達のうちでコンロで炊いた事が有って、巻き寿司にしたけど、美味しかったよ。
2008-11-12 Wed 20:25 | URL | イギリスツバメ [ 編集]
多分そのお米です。
美味しかったということは、他にも不味くなる原因があったんだろうか。謎は深まるばかり。。。

もしかして、ちゃんと計ってなかったとか?
ありえるかも。
2008-11-18 Tue 03:15 | URL | 管理人 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。