つれづれ日記

留学から日本に帰ってきました。これからは、日々思うことを日記に付けていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Thanksgiving Day!!

27. Nov. 2008

この日はStudy Abroad のイベントで、Thanksgiving Day Partyがありました。
料金は£6
なにかしらの催し物を期待していた私は、本当に純粋に食事だけだったこのイベントに、ある意味感動を覚えたことはいうまでもない。
それは、カメラを持っていったにもかかわらず、一枚も撮ることを忘れたという事実からも明らかだ(笑)

でもでも、人生初めてのターキー!!!
これはちょっと興奮!!
だって、七面鳥だよ。七面鳥。
063shichimenchou.jpg


味は?どうだったの?

もうそりゃぁ、

Just like a chickenでした(笑)
う~ん、でも作った人が上手なのか、お肉は柔らかくて美味しかった。
クランベリーソースじゃなかったけど、本場の味(?)なのかな。


What is Thanks Giving Day?

コロンブスがアメリカ大陸に到着してから、ヨーロッパ諸国は、アメリカ大陸を「新世界」と呼び、植民地計画を進めていった。当時、宗教改革の嵐が吹き荒れていたイギリスでは、分離派のピューリタンが、国教会の弾圧を逃れてオランダに亡命していた。しかし、生活苦に悩まされた彼らは、信仰に基づいて自由に生活できる地を求め、アメリカ大陸に渡ることを決意。ピルグリム・ファーザーズ(Pilgrim Fathers)と呼ばれた彼らは、メイフラワー号(Mayflower)で1620年の冬、マサチューセッツ州のプリマスに到着する。だが、寒さと食糧不足のため、102人いた彼らのうち半分以上が死んでしまった。残った者は、先住民であるインディアンから狩猟や農耕を学び、春と夏を必死で働いた。

そして、収穫の秋がやってきた。収穫を喜び、神に感謝をするため、彼らは集い、会食を催した。その席に、彼らの恩人でもあるインディアンも招かれ、七面鳥やかぼちゃなどを食べ、神に感謝を捧げた。これが、現在のThanksgivingの始まりである。

引用元:Thanksgiving Day 特集:カルチャーカフェ



つまりは、アメリカのイベントということになりますね。
しかも、イギリスからの移民の。
それをイギリス人が祝うって、イギリスの人はいったいどう思ってるんですかね?
日本人がクリスマスを祝うのとも、また違った意味でweird
という話を、マレー人の友達と一緒に話して盛り上がっていました(笑)

そして、イベントの後。というより、食べ終えた後、私達は帰路に着いたわけです。
開場から外に出て、階段に差し掛かったとき、日本語がどこからともなく聞こえてくるじゃないですか。

どこからかと思えば、階段に座り込んでいる女性一人と、その人を介抱している女性一人から。
座り込んでいる人はどうやら酔っ払っているらしく、大丈夫とはいっているものの、いや大丈夫じゃないでしょうと突っ込みたくなる状況。(笑)

そこで、せっかく数少ない日本人同士。助け合わなくてはと思い、私と一緒に来ていた日本人のT君と一緒に一言声をかけたんです。
私とT君:「大丈夫ですか?」
女性(介抱してる人)
:「大丈夫です、ほら日本語で心配してくれてるよ。ありがとう、Thank you!!」
私とT君:「!!!!?」
      「日本人ですよぉ(笑)」

女性:「ありがとう、大丈夫です。Thank you very much!!」
私とT君:『だめだ、気付いてない。』


日本人が少ないと、まさか日本人に会うとは思ってないから、きっと分からなかったんだろうな。

T君:「絶対、中国人か、韓国人だと思ってるな。(笑)」
マレーの友達:「Tの顔は、日本人だよ。」


どうやら、日本人の顔というはあるらしい。
それにしても、イベントより、この出来事のほうが面白かったな。
スポンサーサイト

留学日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<これだけのために記事を書いてすいません | HOME | memo 1 ~やること整理~>>

この記事のコメント

Thanks givingをイギリスに来てから祝ったことはないですね~。多分ほとんどのイギリス人は祝わないとおもいます。祝うとしたらパーティーをして酔っ払うための口実ですかねwでも毎年話には聞くのであぁそういえばそんなものもあったんだなと思い出します。

Christmas Dayにもturkeyを食べるのにその一ヶ月前にも先取って食べちゃうとこが面白いですね~、Thanks giving day。おせち料理もお正月に食べるから雰囲気が出るのに一ヶ月前に食べちゃったらありがたみが減りそう汗

ところで酔っ払ってた方と介抱されてた方は二人とも日本人だったのでしょうか。意外といらっしゃるんですね、日本の方。

和歌子
2008-11-30 Sun 01:11 | URL | [ 編集]
確かにそれが大きいんだろうね。
ハロウィンも、いったい何をするんだと寮の英国人の子に聞いたら、「お酒を飲んで、食べて、trick a treatをるだけ。そもそもアメリカのだしね。ちなみに私はtrick a treatなんてやったこと無いけど」みたいに言われて。『なるほど、日本と代わらんな。じゃあ、英国人に「なんで日本人はキリストでもないのに、クリスマスを祝うんだ」と言われたら、切り返しに「ハロウィンはどうなんじゃい」と言ってやろう』と思った次第。まぁ、次元が違う話だから、切り替えしに使って正当なのかどうかは置いておいてですが。

確かに、クリスマスにもターキーを食べるわけだから、日本で言ったらおせち料理を二回それも、短期間に食べることと同じなんだよね。ありがたみないね(笑)ナイスつっこみ!!

おそらく二人とも日本人。でも、介抱してる人のありがとうの発音がちょっと違ったから、もしかしたら日本語を話せる○○人かもしれないけど、それでも十中八九、日本人に間違いなし。なんだか、珍しくて声かけちゃいました(笑)

2008-11-30 Sun 07:39 | URL | 管理人 [ 編集]
日本人の顔っていうのは有るのよ。
私は顔で中国人か韓国人か台湾人か日本人ってというのが分かるが、うちの旦那は区別が全然わからん。

因みに、旦那は神奈川の出身だが、大学と修士は米沢工学部だった。山形の出身でないが、一番住みたかった所だった
2008-12-05 Fri 19:23 | URL | イギリスツバメ [ 編集]
ほほぉ、やはり日本人の顔というのはあるんですね。
じっくり観察してみよう。

山形いいですよね。本当に住み易いと思います。車があれば都です。
2008-12-11 Thu 07:12 | URL | ☆Taurus☆ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。